このブログでは、ネット上で見つけた様々なMT4の便利なインジケーターやEAやスクリプトをまとめてご紹介しています。

ドル買いオンリーEA 『PLATINUM 1』で年間1000pips!

円安はオリンピックまで続く?!長期サイクル理論をもとに開発されたドル円の買いポジションのみで利益を積み上げるEA

朝だけ♪真面目に逆張りロジック一徹!『PLATINUM1(USDJPY)』

 

_0902003116

 

円安相場が続く根拠とは一体!?

2012年2月を円高の底として、それ以降は2025年頃まで円安局面が続くと予想
7310_0004

※参照元はこちら

 

ドル円ロングというコンセプトのはっきりしたEAです

■EAの概要

通貨ペア:USDJPY

時間足:5分足

最大ポジション:2

単利運用:デフォルト0.1Lot

複利運用:あり

TP:60及びロジックにて決済

SL:20及びロジックにて決済

ロジック:ストキャスによる逆張りロング4種 取引値による逆張りロング4種

ポジション判断時間 JP3:50-7:00

エグジット判断時間 JP3:50-8:35

週末(土曜日早朝)ポジは行いません。

★おまけでJPオープンという朝トレードロジックがついています(パラメータにてON/OFF切り替え)

・ロジックは、ストキャスによる逆張りショート2種

推奨口座はGMT0及びGMT3

 

時間限定ながらロジック8種でエントリー回数を補填

実際のトレードはどのような感じなのか見てみましょう。

7310_0003

エントリー時間は視覚的に見やすいように色で分けてありますね。エントリーされるとコード名及び決済Pipsをチャートに表示してくれるのでこちらも見やすさという点で良いですね。

7310_0002

二つ目の色帯部分は、上記で説明しましたおまけの「JPオープン」(ショートロジック)が入る時間帯となっています。

7310_0001

 

 

SLは20Pips以内で損失2%以内と明確なルールがあります

トレードにおいて一回のトレードでの損失額や損失Pipsを設定することはとても大切ですね。損切りPipsを大きめに設定すれば勝率は上がりますが、そこをあえて損切りPipsを20Pipsという狭い幅で設定しているという部分は好感が持てるのではないでしょうか。

バックテストにおいては損切りの最大連敗回数は5回でした。MM設定の場合は、1回のトレードにおける口座資金における損失額は2%と設定されています。

つまり、最大で資金の10%を失う可能性があるということになります。

 

『PLATINUM 1』その他の特徴

  • 年間1000pipsを目標に設計されている
  • 勝率はバックテスト、フォワードともに6割ほど
  • フォワードでは月間取引数22とほぼ毎日エントリーあり

今回の『PLATINUM 1』は、ドル円ロングのみということに加えて最大リスクリワードが1:3、損失2%設計、年間獲得目標1000pipsなど、しっかりとした運用目標やコンセプトをもってEAを開発されているかと思います。

 

加えて、『PLATINUM 1』の開発者さんは日々のEAの成績を細目にブログにUPしていますし、ユーザーさんからのフィードバックでアップデートの必要性がある場合も真摯に対応していますのでその辺からも誠実さを感じることが出来るのではないでしょうか。

 

フォワード期間はまだ少し短いですが、気になる方はチェックしてみて下さいね。

『PLATINUM 1』の現在の実績を確認してみる

 





今回の記事内容が役に立った!という場合は、ブログランキングのクリック応援のご協力をお願いします!

[PR]【動画】FXデイトレードで勝ち続けるための “たったひとつの方法”

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TKおすすめの良書

これを読むと相場の見方が変わりますので、ぜひ読んでみて下さい^^ ビデオ講座”トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法”

1日5分の簡単副業FX

ブログを書いている人

3921657

 

このブログを書いているTKです。
ネット上で見つけた様々な便利なMT4のインジケーターやEAなどをブログ内でご紹介していますので、あなたのトレードに役立ちそうなインジケーターやEAなどがあったら、チェックしてみて下さい。

基礎知識(FX) ブログランキングへ

 

124.144.133.223 (4)

_0616222241

カテゴリー

海外FXキャッシュバック