このブログでは、ネット上で見つけた様々なMT4の便利なインジケーターやEAやスクリプトをまとめてご紹介しています。

過去10年のバックテストで成績良好!理想的な損小利大トレードを目指す「カコテン ichimoku AUDJPY」

どれだけ優秀なEAなのかという判断材料になるバックテストですが、もちろん長ければ良いという単純なものでは無いですが、当然ながら短いよりは長い方が良いわけです。

今回は、過去10年間という長期間のバックテストで優秀な成績を出しているスイングEAを紹介します。

過去10年分をテストしました!安定した運用を求める貴方に。
カコテン iIchimoku AUDJPY

 

カコテン Ichimoku AUDJPY 概要

_0907143820

通貨ペア AUD/JPY
取引スタイル スイングトレード
最大ポジション数 1
使用時間足 M30
最大ストップロス 210その他:変更可能
テイクプロフィット 420その他:変更可能
両建て なし

 

「カコテン Ichimoku AUDJPY」ですが、MT4のIchimoku関数のみで判定を行うというシンプルな設計で安定性を確保しているとのこと。バーの始めにしか動かないEAということで確定足でシグナル判定をします。

ナンピンやマーチンゲールなどは行わず、最大ポジション数が1ポジションとなっていますので、リスク管理もしやすいですね。通貨ペアはAUD/JPYで使用する時間足は30分足です。

 

また、平日24時間連続稼働を前提として開発されているようですので、基本的にはEA設置後は放置が推奨のようです。安定した成績を残しやすいと言われる王道の順張り・損小利大タイプのEAですね。

順張りタイプの弱点は何と言ってもレンジ相場となりますが、大きく崩れることは少なく相場が動けば取り戻せるように開発されているようです。順張りですと、どうしてもレンジ相場では損切りが多発してしまいますが、そこを大きく崩れることなくトレードをしてくれるというのは大きな強みではないでしょうか。

 

カコテン Ichimoku AUDJPYのバックテスト

_0907151050 _0907151117

 

期間 2005年3月1日~2015年2月27日
通貨ペア AUDJPY
時間足 30分足(M30)
初期証拠金 500000
総損益 2140730
総利益 6216070
総損失 -4075340
プロフィットファクター 1.53
最大ドローダウン 132380 (7.04%)
総取引数 1174

 

2005年3月1日からの10年間に亘るバックテスト結果ですね。損益を見てみますと、総損益が+2140730円ですので500000円が2640730円になったということで、口座残高が5.28倍に増えたということになりますね。

この結果と言うのは、10年間ずっと同じロット数でエントリーし続けた場合で所謂「単利設定」でのトレードとなりますので、仮に複利で回していたらどれだけの利益が出るのでしょうかね・・・。

 

単利でのトレードですので、最大ドローダウンも7.04%ということで低い数値で抑えられていますね。勝つときの平均獲得額が12140.76円で負ける時の平均損失額が-6156.10円ということで、全体を通してしっかりと損小利大のトレードを実行していることが分かりますね。

その結果が損益グラフを見て頂ければ分かりますが、着実に利益を積み上げ続けているということになりますね。バックテストの詳しい取引履歴はこちらから確認出来ます。

_0907153210

 

カコテン Ichimoku AUDJPYのフォワード成績

それでは次にフォワード成績を見てみましょう。

_0907143742

上記成績は、2015年3月から2015年9月7日現在のトータルでの成績状況となっています。取引回数は48回ということで、9月は始まったばかりなので考慮しないとすると、月間で8回前後の取引が平均のようですね。

勝ち取引回数と負け取引回数が丁度同数というタイミングでしたので、この時点での勝率は分かりやすく50%となっています。損小利大のトレードが大前提ですので、勝率50%でも十分に利益をあげていくことが出来るわけです。

 

最大ドローダウンに関しては15.44%ということで、この点に関してはバックテストよりもドローダウンが大きくなっていますね。ただ、プロフィットファクターを見てみますと、現状では1.82という数値でバックテストの数値よりも高くなっていますね。

では次に各月の獲得pips状況を見てみましょう。

_0907154544

3月 -109pips

4月 +674pips

5月 +37pips

6月 +83pips

7月 +249pips

8月 +88pips

9月 +28pips(9/7現在)

 

フォワード開始の3月のみマイナスの結果となっていますね。ただ、フォワードテストの開始のタイミングが3月の後半あたりからのようですので、タイミング的に運悪くマイナストレードの分だけ切り取られた成績になってしまっているのかもしれません。

要するにしっかりと3月1日から開始していれば、もしかしたら3月もプラスの結果になっていた可能性も十分にあるということです。いずれにしても、今のところは月単位で大きく負けるというのは無いようですね。

 

それでは、直近のトレード履歴を見てみましょう。

_0907155458

 

7/28からのフォワード成績ですが、勝ち負けを繰り返しながらしっかりと利益を増やせていますね。微益での決済場面もあるようですが、基本的には損小利大のトレードをしていると言えるのではないでしょうか。

ちなみにですが、一番上のトレードは9/3にポジションを保有して今現在(9/7)もポジションを保有しているということで結果がまだ表示されていません。決済がされると表示されるという仕組みになっています。

直近のトレード履歴はこちらから確認することが出来ます。

_0907160123

 

フォワードテスト開始(2015年3月)から現在(2015年9月7日)までの損益グラフを見てみましょう。

_0907160611

5月~6月あたりは停滞しているような感じでしたが、そのほかはしっかりと利益を上げていて全体的にも右肩上がりのグラフが形成されていますので、ロジックが機能していると言えるでしょう。

損小利大を目指したトレードをしていくので、勝率は決して良いとは言えませんがトータルでしっかりと利益を出してくれるシステムだと思います。また、年間トータルでマイナスになる可能性というのは低いと思います。

 

EA設置後は、24時間連続稼働で放置を推奨されていますので、乱暴な言い方をしてしまえばEAをセットして放っておけば勝手に資金が増えているという状況を作ることも十分に可能だと言うことですよね。

気になる方は、ぜひチェックしてみて下さいね!

 

過去10年分をテストしました!安定した運用を求める貴方に。
カコテン iIchimoku AUDJPY

 





今回の記事内容が役に立った!という場合は、ブログランキングのクリック応援のご協力をお願いします!

[PR]【動画】FXデイトレードで勝ち続けるための “たったひとつの方法”

関連記事

コメント

  1. ブログをは拝見いたしました。FXの自動売買に興味があり、今も色々と探しています。スウィングトレードで行う「カコテン ichimoku AUDJPY」は月利でみたら何%くらいになるのでしょうか?まだほかの記事は読めていませんが、参考にしたいと思います。新しいEAがありましたらご紹介楽しみにしています。

      • TK
      • 2018年 4月 25日

      勝ったり負けたりしますので、月利何%なのかというのは、一概には言えないですかね。年利で10%とかそのくらいではないでしょうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TKおすすめの良書

これを読むと相場の見方が変わりますので、ぜひ読んでみて下さい^^ ビデオ講座”トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法”

1日5分の簡単副業FX

ブログを書いている人

3921657

 

このブログを書いているTKです。
ネット上で見つけた様々な便利なMT4のインジケーターやEAなどをブログ内でご紹介していますので、あなたのトレードに役立ちそうなインジケーターやEAなどがあったら、チェックしてみて下さい。

基礎知識(FX) ブログランキングへ

 

124.144.133.223 (4)

_0616222241

カテゴリー

海外FXキャッシュバック